毎日忙しうあなたの為の即現金システム

現金化のほうがキャッシングよりも優れている?

 

クレジットカードの現金化というのは、カード決済をした金額全てを現金として受け取れるというわけではありません。

現金化会社も会社としての利益を得なくてはならないですから、手数料を現金化会社に支払う必要があります。

10万円の現金を手に入れるのであれば、10万円分の商品を購入してもダメなのです。

手数料分も現金化をする必要があることは理解をしておかなくてはなりません。

 

果たしてどちらが効率的なのか

この点だけを見ると、クレジットカードの現金化よりもキャッシングのほうがメリットがあるのではないかと思った人もいるのではないでしょうか?

現金化のほうがキャッシングよりも優れている点がいくつかあります。

また現金化の場合は、キャッシングよりも金利が安くなっている点が一つ目として挙げられます。

これはキャッシング枠でお金を手に入れるのではなく、ショッピング枠を使っているからです。

そして、現金化の場合は、総量規制が適用されませんから、年収の3分の1以上のお金を手に入れることが可能となっているのです。

ですから、既に総量規制の上限になっている人でも現金化でお金を調達することができるようになっているのです。

 

 

総量規制という法律について

ちょっと前の2010年6月18日に法律改正がありました。
その改正により出来た法律がこの「総量規制」になります。

これはニュース等いで聞いた事がある方達もいるかもしれませんね。

これは簡単に言うと、借入総額に対しての制限を設けた法律になります。
改正前は、利用する方達の収入また信頼度があり、返済能力があれば、融資額も多くなりその最高融資額も定められていました。

けれどもこの総量規制により、その借入額が規制される事になりました。
それは利用される方達の年収の1/3を限度にこの借入額と決めたのです。

個人事業主の方たちへ

この法律は個人事業主の方達にしてみたらとても迷惑な法律になりますが、この様な個人事業主等の方達には法律の例外もありますので心配しないで下さいね。

このキャッシングの中において、個人用のキャッシングだけが対象となってくるのです。
要するに個人事業主の方達がキャッシングを行う時は、この総量規制の適用はありません。
しかしどうしても個人での借入れも行いたい時も出てきます。

しかし今回のこの総量規制により規定された事で、その希望も叶わなくなったと言う方達も多くなったのではないでしょうか。

急な用立てには現金化

 

急な用立てにクレジットカード現金化をするという人もいるでしょう。

実際のところ、取引そのものも非常にスムーズですし時間もかかりませんので便利ですよね。

 

急な用立てには現金化

第三者的に見ても利点は沢山ある

様々な書類などを用意しなくても、借り入れることが出来ますので「今すぐ」という願望を叶えてくれますよね。

また、金利的なことについて考えてみても、消費者金融などで借り入れるよりも安く済むという事もありますので、無駄な出費を抑えることもできるのです。

そして、インターネットなどで取引ができる店舗もありますので24時間対応してくれているものであれば自分の都合にあわせて取引スタートさせることもできますよね。

 

利用する前に業者を事前調査する

 

残念ではありますが、中には悪質なものもありますので、その点については注意が必要かと思いますが、キチンと下調べなどをして利用すればトラブルに巻き込まれることは先ず無いでしょう。

返済については、各クレジットカード会社指定の振込み期日に返済をすれば良いので使いどころによってはかなりの猶予が生まれることもあります。

計画的な利用もしやすい

イザという時の手段として、このようなクレジットカード現金化を把握しておくのも悪い事ではないでしょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE
Choix it!
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Pocket